2016年11月20日日曜日

ことのはじまり

パリの11月は例年「写真の月」(1980年以来2年ごとだったらしい)ということになっていていたのだが、それが仕切り直しで来年春からになるとかで今年の11月は「写真の月」ではないらしい。だがグラン・パレでパリ・フォトというフェアが開かれていたし、画廊でも写真展が多い。だから幾つもの写真展を見たが、、、今日はお友達の紹介。

友達のレアンドロ・ベラ Leandro Berra (website) が、FBI、仏警察が使う「モンタージュ写真のソフト」を使って有志が自分で作った「自画像写真」をグループ展で展示中。実際のポートレートとモンタージュが並べられて、これでは犯人が捕まりそうもないなぁという印象を受けてしまう結果の連続、人間の記憶の曖昧さが主題だが、実は彼がこのシリーズを始めたきっかけが劇的。レアンドロ君はアルゼンチン人。軍事独裁制下の国に残った友人が拷問を受け殺される前に知り合いを密告、その中に自分が名前が入っていたという事実を2002年に知る。そのことを批難するのではなく、友人の苦しみを想像し、彼のことを良く覚えているという事実を伝える為に20年以上び昔の写真ではなく、記憶を通した「モンタージュ写真」でオマージュを考えたのがこのシリーズの始まりだった。

この他グループ展では、火事で真っ黒になった本棚とかを撮った「火好き」の私にはたまらない作品もあったがこの燃えた家は作家(Judith Baudiner)自身の家だとか。
画廊を入ってすぐのGilles Molinier(web)の幻想的な写真は、桑の紙に印画してそれに裏から光を当てて…と複雑な工程を彼は愛する「木」を撮る為に生み出したとか。

この写真展 "Si photographes ..."(駄洒落で6人展です)はパリ12区の Galerie Univer にて12月24日まで

* * * * *

こちらはもう終わってしまったが*、知り合いでサドマゾ風なエロチック写真を撮るフレデリック・フォントノワ Fréderic Fontenoy (website)の個展もあった。


私が彼の写真が好きなのは鏡の反射や調度品が凝りに凝っているところ。かつ殆どの写真には自分が登場するから気が遠くなる「舞台設定」の仕事なのだが、彼の作品の出発点には自分の祖父がナチの協力者だったという大ショックがある。日頃は硬派の政治ジャーナリストの飛幡祐規さんが彼のことを有料メルマガのROADSIDERS' weekly 2014/11/19号に記事を書いているので、その祖父の人生のくだりを数行引用させてもらうと、、、

「多才で行動的なフォントノワ(注:祖父のこと)は貧しい環境に生まれたが、国の給費を受けて学業に励んだ。共産主義に惹かれて2年間でロシア語をマスターし、トルストイの『ハジ・ムラート』を訳した。1920年代なかば、ジャーナリストとしてモスクワに派遣されたが、そこで反共産主義者になって中国へ行く。上海ではフランス語の新聞を発刊し、蒋介石の顧問になるが、阿片にはまった。1934年、フランスに戻って小説を書き始めるが、1937年にフランスのファシスト党のメンバーになる。第二次大戦中はナチス協力者になり、最後はベルリンに行って、ヒットラーに先立って自殺した・・・」

この波瀾万丈の祖父は、息子(つまりフレデリックの父)が3歳の時、バレリーナだった祖母と別れたが、その祖母は祖母で、人形を使ったシュールで残虐な世界(反ナチズムの意味も持つ)を創り出したハンス・ベルメール(ウィキ)の愛人だったそうで、、、。こういう超ヘビーな、生まれてもいなかった過去を清算するべく、彼は自身をお祖父さんにダブらせて写真の中に登場し、極めてエステティックであると同時に何か可笑しい「エロスへの支配と服従」の劇を演じ続けている。

レアンドロの作品もフェレデリックの作品も昨今の不気味な時代の流れの中で変に現代性を帯びて来たように思えるが、彼らの作品の発端のドラマを知れば知るほど、ますます「私の蝶々はいったい何なのだろう」とその「耐え難き軽さ」に忍ぶ私なのです(前投稿参考)

会場にて上の写真(最後の晩餐?)の前で、飛幡さん、フレデリック君と

後記:フレデリック君の個展は27日(日)まで会期延長だそうです!
L'expo de Frederic Fontenoy est prolongée jusqu'au dimanche 27 novembre.
LE BALLON ROUGE galerie : 10 Rue des Gravilliers 75003 Paris
Du mardi au samedi : de 12h à 19h & Le dimanche : de 15h à 19h

2016年11月8日火曜日

蝶は常に舞い続ける

前々回及び9月の設置時に私の蝶々のインスタレーションを紹介したが、そのタイトルは「蝶は常に舞い続ける」。展示期間が秋だったので「枯れ木に舞い続ける人造の蝶」という皮肉なテーマだったのだが、その仕事に行く前に蝶々のドローイングも幾つも描いた(勿論海水で)。


先日アトリエに見に来る人がいたので整理したら上の写真二点を始め大きなデッサンを8枚も描いていた。その前に2年前に作った俗称「卵シリーズ」(「今日世界は生まれた」)をまたリテイクし、完成度がぐっと高まったのでちょっと方向転換でよりフリースタイルで。これはインスタレーションに合せて(?)という理由にもならない理由から始めたのだが、考えてみると2014年にも素晴らしい小品(右写真)を描いている(単なる自画自賛ではありません。もう「個人蔵」ですので☺)し、もっと昔を振り返るとまだまだ色々出てくる。

という訳で何か因縁がありそうなのだが、子供の頃は青虫には刺されて文字通り痛い思いをしているし、蝶々の身体は生柔らかくて 、よく見るとやはり幼虫を思わせるからあまり好きではない。蝶々で連想することと言えば、ごくフツウにあの煮え切らない話の「蝶々夫人」、学校をさぼってまでも鈴鹿の山に採集に行っていた中学の同級生、いえいえそれよりは初めて見た時驚いた(勿論フィルムで)、19世紀末から20世紀初頭にキャバレー劇場で一世を風靡したLoïe Fullerの衣装と照明を組み合わせた「蝶々ダンス」だろう。蝶々ドローイングの胴体は人間だからこれがモデルなのかとも思うが、自分のことながら心もとない。「どうして蝶々なんですか?」ときかれると「神のお告げ」とでも言いたくなるが、これでは現代作家としては失格でして、、、。



私が蝶々の好きなところといえば、風が吹くとフワッと流され、これでどうやって花の蜜を吸いに行くのだろうと不思議に思わせる「いかにも頼りない飛び方」に尽きるだろう。だからガニーの展覧会の天井から吊るした蝶々(右下写真)も人が通ると揺れ、ジロンド河口地方の蝶々も風でフラフラする。まあこの点が結局私の生き様と共通しているのかもしれない。

蝶々のインスタレーションは評判が良いのだが、(1/28)にも書いたように、紙を蛇腹折りにして作るアイデアは母が老人用デイサービスで作ったのを見て流用しているので少なからず居心地の悪いところがある。だってそれを知らないフランス人に明かすと「なんだ〜」ということになって、「雨の絵」や「キス集め」、それに「海水ドローイング」というオリジナル作品群の沽券にかかわってくると思うから。
だが私の危惧に反し、大方の人は初めからそれらも「日本では知られた技術なのだろう」と私の試行錯誤の結果(純然たる発明?)とはつゆ思わない人の方が多くて、、、


以前の関連記事
 不死身の蝶々
出稼ぎがバカンスに

今日はのんびり、昔話
Mon expo à Gagny ガニーでの個展 
ガニーのオープニング 



 

2016年11月6日日曜日

シルク・アンビジーブル(見えないサーカス)

2014/5/19の「チャップリン尽くし、、、」に紹介したチャップリンの娘のヴィクトリアさんとご主人ジャン=バティスト・ティエレの「見えないサーカス」(Le cirque invisible)が今年もシャンゼリゼのロン・ポワン劇場(Théâtre Rond Point)であり(11/15-27)、予告編ビデオを見ていたらまた行きたくなって来た(寸劇的演し物はあまり変わってないような気がするが、、、)。10/24に書いたデュクフレの舞台とは規模が違うけど、遊び心と発明の才にあふれているところは同じ。やっぱり楽しいな〜

今日は只々そのビデオの紹介です。


追記:劇場のプログラムをよく見たら12月は彼らの息子の、私がイチオシのジェームズ・ティエレの新しい劇(?)がかかっている。まさに「チャップリン尽くし」です。


参考投稿
チャップリン尽くし 親から子、子から孫へ、、、(2014/5/19)
ジェームズ・ティエレのラウル(2014/7/27)
愛知トリエンナーレとの遭遇(2016/10/24)