2017年8月7日月曜日

コオロギのお告げ

パリでコオロギはあまり見たことがなかったのだが、アトリエの中、それも前回の板に張った大きな紙の真ん中で一匹のんびりとしている。ちょうど暑さが少し戻って来たので「早生まれ」が涼しい我がアトリエに入り込んだようだが(しかしどうやって? 窓は大きく開かないし、ドアは近所の猫が時々闖入するので閉めている)、湿らせた紙の上は避暑に理想的だったに違いない。

「しかし大きな分厚い紙と板を買って苦労しているのはコオロギに寛いでもらう為ではないのだよなー」と制作に躊躇している自分自身を少々反省。コオロギは捕まえて中庭に戻ってもらったのだが、ファン(?)のMさんからも「期待してます」との励ましももらい、加えて2匹目のコオロギが出てくる(まさか同じコオロギではないと思うが)という「お告げ」もあって急に決断、4日にコルフ島のオディッセウスにちなんだ水を使い切って第一作。斜めから墨の痕を見ると島々を航海しているような感じがするのは思い込みの強い作家自身だけだろうか? この「遅くなった今夏の計画」は今までになくジェスチュエルにというころでパーフォーマンス的な要素もあるので、「計画」を春に話した2人の友人夫々から「ビデオに撮ったら」と言われていた。その研究もありカメラを三脚に固定して撮影、短く編集した。

すべて第一回目にしては上々。


 
結局紙を濡らして張るのが一番難しい??? プロセスを改良し昨日は夜中過ぎまで準備にかかった。というのも今日の天気予報が良かったからで、今日はイランの岩塩で二作目を描いた。まあこれも二作目としては上出来? 
この「考えるアシ」シリーズは始まったばかりなので点数が甘いのは致し方なし(笑)です。

2017年8月1日火曜日

冴えない近況

今年は5月末から急に暑くなって準備、構想もままなるまま大きなドローイングを始めたが、これは良くなかった。どうみても昨年の作品の方が優れている。

今年の中では上出来の「ナウシカ」
今年は去年研究した微妙なニュアンスとダイナミズムを結合させるつもりで、もっと大きなサイズの紙の上で海水の中を歩きながら制作しようと130cm幅で9mのロールを5月に注文。それがなかなか届かず、折角の猛暑到来でいつもの紙で中途半端にフライイングしてしまったのだった。

そして注文の大判紙が届いたタイミングもよくなかった。

実はに7/4書いた「蝶々の木」が7月中頃には既に枯れてしまったのだ。これは大ショック。私としては木をあんな小さな植木鉢に入れたからだと思うのだが、「貴男が枝を切ったからだ」と言われ、、、。

あの出張は、仏国鉄の遅延払戻しはTGV区間に限られて(そのせいで乗継ぎの便利はさんざんになったのに)半額にもならず、iPhoneもパリに戻っても電波を受信せず壊れたまま(相談に言ったアップルストアは古いから買い替えなさいと言うばかり)、それに雨降りにもめげず作った作品もお蔵入り、士気がすっかり地に落ちた。
そもそも私の発案は庭に植わった木に蝶々を付け、蝶々も時々来訪者に作って入れ替えてもらうと言う「意欲的」なものだった。結局両方が叶わないとわかった1ヶ月前の時点で断るべきだったと悔やまれる限り。
加えて南仏に郵便局から「特別チューブ便」があるので信頼して送ったドローイングは蓋が開けられ傷んで到着。
まだなんか悪いことあったような気がするが忘れた。。。

大きく見えないけど作業台は135cm x 2m
さて、文句はこのぐらいにして、紙のサイズを大きくすると作業がずーっと困難になる。海水をどっぷりのせて描くので、先ず紙を湿らせ板の上にピンと張らればならないのだが、それが上手くできない。バスタブで濡らすつもりだったが片側(背中側)は浅くなるので全体をすっぽり浸せない。それに自分の背より高い湿った紙をどう操作するか? 浴室に吊るす工夫も考えたのだが、こういうことは「これで完璧」と思ってもやってみても不都合がわかるもの。ずーっと考えて解決していないのに「ままよ」と敢行した第一トライアルはあえなく大失敗で紙も折れて、、、。

次回は余分な水分を取る為に敷いたフェルトを逆に湿らせて、それで挟んで1日ぐらいおいてみるかなぁ? 周りにある作品のことを思うとあまりアトリエの湿度を上げたくないのだが、、、。折れた紙はどうしよう。細切れにして小さいドローイングにするか、一応問題点を知る為に描いてみるか?

こうして考えを巡らせつつ横になるとあら不思議、知らぬ間にスヤスヤと!
これがバカンスなら目標達成でいいのだが、なさけなや〜。(こんなくだらぬことをここまで読んで下さった方に深謝)

2017年7月10日月曜日

猛暑と雷

前回書いた蝶々のインスタレーションの仕事から戻って以来、パリはまたまた出発前と並ぶ猛暑。友人が送って来た一茶などのフランス語訳の俳句に触発されて仏語で川柳を作った。

Non seulement le carillon à vent
mais aussi ma femme se tait,
la grande chaleur

風鈴も
妻も黙る
猛暑かな

我がアトリエには風鈴もないし奥さんもいないので勝手な想像の句だが、考えてみるとこれはものすごく日本的。フランス人では旦那のほうがおしゃべりなことも多いので:

Non seulement le carillon à vent
mais aussi mon mari se tait,
la grande chaleur

風鈴も
夫も黙る
猛暑かな

のほうが理解が得られるかもしれない。

実は我が地下アトリエは自然冷房で猛暑のときは快適この上なしなのだが、一歩外に出ると、、、:

La tenue léger
Je faillis demander :
Comment vous avez réussi à grossir autant?

これは和訳が難しい。
作家本人ということで超訳してしまうと

夏服の
薄着で太る
仏女たち


この感覚はパリに来て実感してもらうしかない。またまた「女性にやさしくない」句だが、川柳は元来皮肉なものということでお許しを(?)

ケ・ブランリ美術館では今「ピカソとアフリカ」という展覧会をやっているはずだが、テーマが安易だし、暑くて遠くまで行く気がしない。という訳で行ってもいないのに、同美術館のあの暗〜い空間からまたまた勝手に想像、日本語で言葉をそのまま並べ:

薄暗い
ギャラリーで涼む
ケ・ブランリ

なんて遊んでいたら昨日の晩は暑さが一挙に炸裂したかの猛雷雨。第一句の反省もあり(?):

Quel tonnerre !
Il terrifie mon chien
et mon mari aussi.

大雷鳴
おびえる犬に
我が夫

市電の駅からアトリエまで歩いて5分もないのに突如の大雨でカフェに避難、前のパテ通りはみるみる川になり:

Epaté
l'eau coule ce soir
sur la rue de Patay

これはただの駄洒落なので、また超訳すると

稲妻に
流れる川は
パテ通り


猛暑中は連日のように大きな「海水ドローイング」を描き、その後は雨と風に見舞われた田舎のインスタレーション、疲れたので仏語川柳で遊んで休養中というところ。思った以上に楽しめてびっくりしているが、無論文学的野心など一切ないのでご心配なく。







2017年7月4日火曜日

Papillons Sans Frontières à la Maison des Douanes


mon arbre couché par la rafale 突風で倒された私の木
Des fois il y a le ciel bleu 時々青空が
(日本語は下)

Je suis de retour de Saint-Palais-sur-Mer en Charente-Maritime où j'ai réalisé une installation de papillons, une nouvelle version de celle que j'avais réalisée au Port-Maubert dans l'Estuaire de la Gironde en septembre dernier *.  Remarque qu'il s'agit des papillons que je crée à partir de carton de conditionnement de boissons (surtout du jus de fruits).

En fait on m’a commande cette fois une sorte de bouquet de papillons (un arbre orne des papillons) dans le jardin de la Maison des Douanes** qui vient d'être transformée en un Centre dédié aux Arts et au Paysage littoral. Il est ouvert à partir du 1er juin.

Déjà préparé les papillons à Paris, je pensais passer un agréable séjour moitié travail moitié vacance comme la dernière fois.

Mais rien ne s’est  passé comme prévu. Tout d'abord un grand retard de trains à la suite de panne de caténaire : je suis sorti de chez moi a 6h pour arriver à la gare de Royan vers 15h.

Puis et surtout, je n'ai pas eu le temps idéal pour travailler en plein ciel : averses sans répit.
Et la rafale! Elle a fait coucher l’arbre sur lequel je travaillais. 
Finalement j'ai passé 4 jours de vacances "So British" : bien humides en bravant la pluie et le vent.

* voir les articles des 09/19/17 et 20/09/17
**Accès libre au jardin, 
    Exposition inaugurale de Jephan de Villiers : 2€ (gratuit -16ans)

Voici "les papillons sans frontières" à la maison des douanes

昨年の9月、ジロンド川流域地方にジュースのパックで作った蝶々の企画で出かけたが*、同じ地方からサン・パレシュールメール(Saint-Palais-sur-Mer)という町の古い税関事務所をリニューアルして新しいアートと景観のセンターができるので、そこの庭にまた蝶々が欲しいという依頼を受けた。また先回同様バカンス気分の制作ができると有難いばかりと思いでかけたが、、、

先ずはTGVが事故で大遅れ、朝6時に家を出たのに、現地に着いたのは3時過ぎ。それも大雨。やっと来たのに雨ぐらいで宿に退散はないだろう、、、英国人かもしれないが、こんな天気でも散歩している観光客もいるぐらいだからと雨ガッパで作業開始した。
雷混じりの通り雨の連続で、なるべく小雨のときに作業するのだがずぶ濡れになった。風も強くて、2日目の夜には突風であしらわれていた木が倒れた(ガーデンデザイナーが気難しい人で勝手な木を植えられないとかという理由で鉢植えで)。そんなこんなで2日で十分と思っていたのが34日の出張になった。。。

* 参考: 2017年9月19日20日の投稿

その後同地方に田舎の家を持つ友達の元にお世話になったのが、制作期間よりは良かったとはいえ、本当に先週までの猛暑に打って変わってTシャツもバーミューダも用なしの気候だった。

戻って来た今日のパリは快晴28度、バカンスはパリにかぎる? 

突然の大雨でナップサックがびしょびしょになったからか私のiPhoneは滅多に電波を受信しなくなり、カメラも暗い斑点が出るようになって、、、う〜ん 、困った(x_x)
 
センターの対岸から
海岸プロムナードを歩くとこんな絵葉書景色も
サン・パレはジャック・タチの映画のバカンスを思わせるような華奢な避暑地で、郵便局もこんなだった!

2017年6月12日月曜日

「赤旗」に載りました

6/1の赤旗の「ひと」の欄に載せてもらいました! こう上手に紹介してもらうと自分のこととは思えませんねー。


「忘れられた土地に、、、」は、昨年7月に書いた「不思議なえにし」のエピソードのアルプスでの作品のことです。

1週間空くとブログも書かねばなーと思うのですが、今日は写真の記事を読んでもらえば良いことにして完全なサボリです(笑)。

2017年6月6日火曜日

マキャベリ マクロン

マクロンのスターキャスト:人気環境相ユロと有名出版社の文化相ニセン
ご存知の様にマクロン君が39歳で大統領になった。

彼がどこまで大統領選を読んでいたか私には謎だが、今になって昨年夏以降を振り返ると、右の共和党も左の社会党もそれぞれの政党支持者たちが選ぶ統一候補者*では、支持層の批判が過激化しており、左の右派、右の左派(つまり中道より)は絶対に負けると彼は見ていたのは確かだ。だからあっさり党を去った。 (特に社会党は右寄りの労働自由化改革路線で支持者は圧倒的に不満、それに反し党内の政治家の「不満層」は少数派だが路線が違いすぎて党内の統一政策が作り得ないので)
一方フランスの選挙は候補者一人を選ぶので大政党用にできているので、従来
政治家は共和党と社会党の二大政党に属していたが、内実はそれぞれ一党と言えないほど意見に隔たりがあり、左右の統一候補者がその左極、右極になると両党とも中間に「候補者について行けない政治家たち」が溢れ、それを引き込めば政府はできるという算段。
それは想定はできても「議員が今までの支持基盤を誰が捨てるの?」であるが、今までの中道派とが「良心的政治家が政策でまとまる」という理想をを掲げて失敗して来たのに対し、マクロンは政策を掲げず、「右でも左でもない」「政界の改新」というビジョンで二大政党に揺さぶりをかけて出た。

だから内閣閣僚は「右からも左からも」。かつ選挙戦末期に支持に回った中道政党も忘れてはならない、でもそれだけでは「旧体制の温存」になってしまうから民間人の起用。そして当然男女公平。
口で言うのは容易いことだが、この三つの「半々」原則を公約通り守った政府を組閣した手腕には私も脱帽。だって例えば首相は原子力ロビー出身なのに環境相は元ジャーナリストで地球温暖化をめぐるCOP21でも重要な役目を果たしたと言われる人気エコロジスト、経済には共和党の労働規制緩和の急先鋒がいると思うと労働大臣は35時間労働法を作った政府での顧問だった民間畑の女性と、意見がおおよそ合いそうもない人たちを一つの政府に入れ込んだから。彼らは将来上手く行かなければ今まで属していた派からは「背信行為」あるいは「日和見」と侮られ、政治生命終わりでしょ。よっぽど上手に乗せない限りそうは簡単に承諾しないはず。

社会党はオランドの不人気と党内左派のアモンが統一候補になったことで既に自然崩壊を始めていたが、共和党は妻子の架空雇用の疑惑があるフィヨンを最後 まで支持したことで選挙には負け、道義的に申し訳が立たない(フィヨンの救いは「国民の裁き」としての選挙に勝つ以外にはなかった)ので亀裂が明らかになっていた中、かつサルコジ、フィヨンを支持してた人間が財務大臣に抜擢されて、党内の規律など取れない状況に。かつ今まで順番に階段を登って首相、大統領を目指していた来た40-50歳の政治家たちを一挙に「上がり」にしてしまった。

そして大統領当選前まではマスコミの寵児だったが、就任後は壁を作り、報道をずらしてじらせたりして、自分が一段上の存在と知らしめている。

かつメルケルにはほぼ寵愛の情を感じさせるほどの歓待を受け、トランプとは(おそらくビジネスライクに話して?)熱い握手をし、プーチンをビビらせ(?)、国家元首らしく世界を舞台にアピールし、多分国内の人気も上がっているのでは? というのも彼の新しい「共和国前進党」は「零」からの出発にもかかわらず、来る国会選挙で過半数を取りそうな勢いらしい。かつ選挙後どんな政策が打たれるかは曖昧なままで、、、、前述のような内閣のメンバーだから、良いところを取れば誰もを期待させうる? この見事な権謀術ぶりはマキャベリズムの名に相応しいのでは。

マキャベリは「君主には運命を引き寄せるだけの技量が必要である」と述べたらしいが、マクロンは最近君主然としているし、その言葉が当てはまりそう。

ここまで「先見の明」と「手腕」を見せられると、凡庸かつ軟弱な私は「心配するより『君主様』に少し思うようにやってもらったほうがいいのでは」と思わないこともないのだが、彼のヴィジョンは典型的な「勝ち組」の思想で「富の再分配」なんてまったく考慮されていない。「勝っただけ喜んで税金を払う」という私の「スポーツとしての資本主義」に耳を傾けて欲しいな〜。これと脱原発がクリアされたら私もマクロン支持にまわるかもよ☺


(*注:厳密には社会党、共和党以外も制度に賛成した政党が含まれ、かつ党支持者でなくとも投票権が容易に得られるがそういう投票者は少数。この例の様に私のブログでは話を簡単にするため色々略して話させてもらっています)


後記:マクロンは大学でマキャベリとヘーゲルについての論文を書いたそうです。知らなかった。。。


マクロンが登場する過去の投稿 :
働くべきか、働かざるべきか? 悩ましき日曜日(2014年12月28日日曜日)
開幕前夜の攻防(2016年6月10日金曜日)
これが…だったなら(2017年3月30日木曜日)
最後の直線コース(2017年4月15日土曜日)
 
 

 

2017年5月29日月曜日

迷わない人たちと迷う私

コルフの落書き
ギリシャ無計画旅行のノウハウに書き忘れたが、、、道に迷ったとき、最初は英語ができそうな若い人(特に女性:彼女らの方が親切だろうと思う偏見から)に質問していたのだが、不思議なことに答えが大抵正しくない。結局は経験的に「おっさんしかいないカフェ」で油を売っている年寄りのほうがよほど「頼り甲斐」があった。その時は「彼らは暇だから、、、」と思っていたのだが、ちょっと違うかもしれない。先日もパリの地下鉄でiPhoneを出して乗換経路を見ているツーリストを見かけたが、ひょっとすると若い世代はスマホでナビするのが当たり前過ぎて、私の質問の真意(=困り具合)が理解できないのではと疑問を持つようになって来た。「地図を見せて何処にいるか教えてくれ」なんて暗くなった路上で尋ねる東洋人の長髪老人はかなり怪しい存在だったかもしれない(私の被害妄想かも?)。
何れにせよその点老人はずーっとスマホなしで暮らしてきた世代だから、例えば連れて行ってくれるとか、答え+αがある。ただ暇だという以上に、どうも老人は私がどう困っているかという察しがきくが、若い人たちはその能力が欠如、というかそう言う経験がないのでは? この推察どうでしょうか。正しいとしたらもう世界中何処に行っても「道をきくなら年寄り」です。

ところでギリシャで不思議だったのは海に近づいても海の匂いがしない。日本でもフランスでも海岸近くなってくると「磯の香り」というか、浜辺に近いことが鼻でわかるでしょ、あれがなくて、突然海があった! 
つまりものすごく乾燥している? もしそうだとしたら、暑いし、海はあるし、、、
何のことかというと「海水でドローイングするのにパリにいるなんておかしいのじゃない?」とよく質問をされるのだが、答えは簡単:「海岸近くなんか湿度が高過ぎてダメですよ〜」 そう言い続けてきたのだが、、、。だからちゃんと作品が定期的に捌けるなら、ギリシャにアトリエを持って、、、それこそ夢のお告げ通りギリシャで死ぬことになるのかもしれないが、、、今のところ正夢どころか夢のまた夢の夢ですね〜(関連投稿)

ギリシャに行く前にcollectionairというサイトで作品を扱ってもらえることになって、急に作品発送せねばならなくなると困るから太いチューブを3本も買ったのだけど(パリの画材屋の品揃えが当てにならないのはよく書く通りで)、楽観的過ぎたのか全然反応なし。アポロン、アテナイをはじめとするギリシャの八十万の神々にお祈りしてくるべきだったかなァ?
いえいえ、美術館入りしてご利益なさそうな神々より当てになるのは人間の皆さん。「サクラ」でページを見て人気を上げて下さい。将来のギリシャのお宿の為と思ってよろしくお願いします。

去年の「卵」の数々はものすごくデリケートな仕事(右写真)であっという間になくなっても不思議でないと思うのだが、、、。

https://collectionair.com/artworks?filter_artist=990579163

 私はこんなだから「作品を売らない」という人は偉いなあと心底思うのです。数日前公園で木を見ながら話した老婦人は、旦那さんが建築家だったのに「売らない」画家になってしまい 、勿論奥さんが生活の糧は稼いだのだが、旦那は人が買いたいと言うと怒鳴りつけたそうな。羨ましいと言おうか、私の場合そういう奥さんを見つけるのも夢のまた夢でしたねー。


追記:名古屋のLギャラリーの6/3-18のグループ展で数点小さな作品が展示されますのでこちらも宜しく