2017年6月12日月曜日

「赤旗」に載りました

6/1の赤旗の「ひと」の欄に載せてもらいました! こう上手に紹介してもらうと自分のこととは思えませんねー。


「忘れられた土地に、、、」は、昨年7月に書いた「不思議なえにし」のエピソードのアルプスでの作品のことです。

1週間空くとブログも書かねばなーと思うのですが、今日は写真の記事を読んでもらえば良いことにして完全なサボリです(笑)。

2017年6月6日火曜日

マキャベリ マクロン

マクロンのスターキャスト:人気環境相ユロと有名出版社の文化相ニセン
ご存知の様にマクロン君が39歳で大統領になった。

彼がどこまで大統領選を読んでいたか私には謎だが、今になって昨年夏以降を振り返ると、右の共和党も左の社会党もそれぞれの政党支持者たちが選ぶ統一候補者*では、支持層の批判が過激化しており、左の右派、右の左派(つまり中道より)は絶対に負けると彼は見ていたのは確かだ。だからあっさり党を去った。 (特に社会党は右寄りの労働自由化改革路線で支持者は圧倒的に不満、それに反し党内の政治家の「不満層」は少数派だが路線が違いすぎて党内の統一政策が作り得ないので)
一方フランスの選挙は候補者一人を選ぶので大政党用にできているので、従来
政治家は共和党と社会党の二大政党に属していたが、内実はそれぞれ一党と言えないほど意見に隔たりがあり、左右の統一候補者がその左極、右極になると両党とも中間に「候補者について行けない政治家たち」が溢れ、それを引き込めば政府はできるという算段。
それは想定はできても「議員が今までの支持基盤を誰が捨てるの?」であるが、今までの中道派とが「良心的政治家が政策でまとまる」という理想をを掲げて失敗して来たのに対し、マクロンは政策を掲げず、「右でも左でもない」「政界の改新」というビジョンで二大政党に揺さぶりをかけて出た。

だから内閣閣僚は「右からも左からも」。かつ選挙戦末期に支持に回った中道政党も忘れてはならない、でもそれだけでは「旧体制の温存」になってしまうから民間人の起用。そして当然男女公平。
口で言うのは容易いことだが、この三つの「半々」原則を公約通り守った政府を組閣した手腕には私も脱帽。だって例えば首相は原子力ロビー出身なのに環境相は元ジャーナリストで地球温暖化をめぐるCOP21でも重要な役目を果たしたと言われる人気エコロジスト、経済には共和党の労働規制緩和の急先鋒がいると思うと労働大臣は35時間労働法を作った政府での顧問だった民間畑の女性と、意見がおおよそ合いそうもない人たちを一つの政府に入れ込んだから。彼らは将来上手く行かなければ今まで属していた派からは「背信行為」あるいは「日和見」と侮られ、政治生命終わりでしょ。よっぽど上手に乗せない限りそうは簡単に承諾しないはず。

社会党はオランドの不人気と党内左派のアモンが統一候補になったことで既に自然崩壊を始めていたが、共和党は妻子の架空雇用の疑惑があるフィヨンを最後 まで支持したことで選挙には負け、道義的に申し訳が立たない(フィヨンの救いは「国民の裁き」としての選挙に勝つ以外にはなかった)ので亀裂が明らかになっていた中、かつサルコジ、フィヨンを支持してた人間が財務大臣に抜擢されて、党内の規律など取れない状況に。かつ今まで順番に階段を登って首相、大統領を目指していた来た40-50歳の政治家たちを一挙に「上がり」にしてしまった。

そして大統領当選前まではマスコミの寵児だったが、就任後は壁を作り、報道をずらしてじらせたりして、自分が一段上の存在と知らしめている。

かつメルケルにはほぼ寵愛の情を感じさせるほどの歓待を受け、トランプとは(おそらくビジネスライクに話して?)熱い握手をし、プーチンをビビらせ(?)、国家元首らしく世界を舞台にアピールし、多分国内の人気も上がっているのでは? というのも彼の新しい「共和国前進党」は「零」からの出発にもかかわらず、来る国会選挙で過半数を取りそうな勢いらしい。かつ選挙後どんな政策が打たれるかは曖昧なままで、、、、前述のような内閣のメンバーだから、良いところを取れば誰もを期待させうる? この見事な権謀術ぶりはマキャベリズムの名に相応しいのでは。

マキャベリは「君主には運命を引き寄せるだけの技量が必要である」と述べたらしいが、マクロンは最近君主然としているし、その言葉が当てはまりそう。

ここまで「先見の明」と「手腕」を見せられると、凡庸かつ軟弱な私は「心配するより『君主様』に少し思うようにやってもらったほうがいいのでは」と思わないこともないのだが、彼のヴィジョンは典型的な「勝ち組」の思想で「富の再分配」なんてまったく考慮されていない。「勝っただけ喜んで税金を払う」という私の「スポーツとしての資本主義」に耳を傾けて欲しいな〜。これと脱原発がクリアされたら私もマクロン支持にまわるかもよ☺


(*注:厳密には社会党、共和党以外も制度に賛成した政党が含まれ、かつ党支持者でなくとも投票権が容易に得られるがそういう投票者は少数。この例の様に私のブログでは話を簡単にするため色々略して話させてもらっています)


後記:マクロンは大学でマキャベリとヘーゲルについての論文を書いたそうです。知らなかった。。。


マクロンが登場する過去の投稿 :
働くべきか、働かざるべきか? 悩ましき日曜日(2014年12月28日日曜日)
開幕前夜の攻防(2016年6月10日金曜日)
これが…だったなら(2017年3月30日木曜日)
最後の直線コース(2017年4月15日土曜日)
 
 

 

2017年5月29日月曜日

迷わない人たちと迷う私

コルフの落書き
ギリシャ無計画旅行のノウハウに書き忘れたが、、、道に迷ったとき、最初は英語ができそうな若い人(特に女性:彼女らの方が親切だろうと思う偏見から)に質問していたのだが、不思議なことに答えが大抵正しくない。結局は経験的に「おっさんしかいないカフェ」で油を売っている年寄りのほうがよほど「頼り甲斐」があった。その時は「彼らは暇だから、、、」と思っていたのだが、ちょっと違うかもしれない。先日もパリの地下鉄でiPhoneを出して乗換経路を見ているツーリストを見かけたが、ひょっとすると若い世代はスマホでナビするのが当たり前過ぎて、私の質問の真意(=困り具合)が理解できないのではと疑問を持つようになって来た。「地図を見せて何処にいるか教えてくれ」なんて暗くなった路上で尋ねる東洋人の長髪老人はかなり怪しい存在だったかもしれない(私の被害妄想かも?)。
何れにせよその点老人はずーっとスマホなしで暮らしてきた世代だから、例えば連れて行ってくれるとか、答え+αがある。ただ暇だという以上に、どうも老人は私がどう困っているかという察しがきくが、若い人たちはその能力が欠如、というかそう言う経験がないのでは? この推察どうでしょうか。正しいとしたらもう世界中何処に行っても「道をきくなら年寄り」です。

ところでギリシャで不思議だったのは海に近づいても海の匂いがしない。日本でもフランスでも海岸近くなってくると「磯の香り」というか、浜辺に近いことが鼻でわかるでしょ、あれがなくて、突然海があった! 
つまりものすごく乾燥している? もしそうだとしたら、暑いし、海はあるし、、、
何のことかというと「海水でドローイングするのにパリにいるなんておかしいのじゃない?」とよく質問をされるのだが、答えは簡単:「海岸近くなんか湿度が高過ぎてダメですよ〜」 そう言い続けてきたのだが、、、。だからちゃんと作品が定期的に捌けるなら、ギリシャにアトリエを持って、、、それこそ夢のお告げ通りギリシャで死ぬことになるのかもしれないが、、、今のところ正夢どころか夢のまた夢の夢ですね〜(関連投稿)

ギリシャに行く前にcollectionairというサイトで作品を扱ってもらえることになって、急に作品発送せねばならなくなると困るから太いチューブを3本も買ったのだけど(パリの画材屋の品揃えが当てにならないのはよく書く通りで)、楽観的過ぎたのか全然反応なし。アポロン、アテナイをはじめとするギリシャの八十万の神々にお祈りしてくるべきだったかなァ?
いえいえ、美術館入りしてご利益なさそうな神々より当てになるのは人間の皆さん。「サクラ」でページを見て人気を上げて下さい。将来のギリシャのお宿の為と思ってよろしくお願いします。

去年の「卵」の数々はものすごくデリケートな仕事(右写真)であっという間になくなっても不思議でないと思うのだが、、、。

https://collectionair.com/artworks?filter_artist=990579163

 私はこんなだから「作品を売らない」という人は偉いなあと心底思うのです。数日前公園で木を見ながら話した老婦人は、旦那さんが建築家だったのに「売らない」画家になってしまい 、勿論奥さんが生活の糧は稼いだのだが、旦那は人が買いたいと言うと怒鳴りつけたそうな。羨ましいと言おうか、私の場合そういう奥さんを見つけるのも夢のまた夢でしたねー。


追記:名古屋のLギャラリーの6/3-18のグループ展で数点小さな作品が展示されますのでこちらも宜しく


2017年5月20日土曜日

トゥオンブリ・コンプレックス

ポンピドーセンターでのトゥオンブリの回顧展にショックに近い感銘を受けたことは書いたが(*投稿)、実はそれ以降私はトゥオンブリ・コンプレックスに陥って、今回のギリシャ旅行は一種のテラピー(?)

彼の大好きなアキレスの関連の土地は行かなかったが、デルフィは彼が何度も大きく名前を綴ったアポロンを祀り、レパントの海戦もトゥオンブリの連作の一つで、、、

トゥオンブリの「レパント」

私の海水ドローイング「レパント」



彼の場合はホメロスなど古典文学に心を揺り動かされたらしいが、私だってレパントの海戦ぐらい歴史の教科書だけでなく塩野七生の、その場を見ていたの如き歴史小説で血湧き肉踊り「仔細に知っています!」と言いたいところなのだが、これがいやはやまったく何も覚えていない。結局彼女の小説のヴェニスのこともコンスタンチノープルもローマ法王のことも、、、あの読書時間はいったいなんだったのだろう? 楽しく読んだからそれで良いと言えば良いのですが、人生ってこんなものなのですかね???(他の読者の皆さん、貴方はどうですか?)

本当にアポロン?下の葉が月桂樹だそうで
感動は一瞬、あるいは一生ものだったとしてもそれを描写するのは容易でない。 「あれはよかった」「面白かった」とかは言えても「何が良かったか」と聞かれると、私なんて口をモゴモゴするばかり。(でもフランス人には上手い人もいるなー。淀川長治の解説みたいに「どんだけや」と言いたくなるぐらいに)

基本的には読んだ本、見た絵が歴史的傑作であろうがなかろうが 、こちらの心持ち(問題意識)で感動できたりできなかったり。だから「課題図書なんてのは最悪の教育で自分が面白い本を読めば良い」といったのは誰だったか(最近?ひょっとしたら昨日の昼聴いたのにもう忘れた)、てな具合だから私はほぼすべてを諦めた方がいいのだが、ある意味でトゥオンブリは私にある希望を与える。彼も無口だったらしいけど、そのかわり説明できない感動のコアみたいなものを描く目的にしたように思えるから。
でもそれが他人とシェアできるか? トゥオンブリに確信があったとは私は思わない。でも自分自身ではこれだと思っただろう。アーティストの目標は人をてらうのではなくそれしかない。

「古典」といえばレパントの海戦ではドンキホーテを書いたセルバンテスがスペイン軍で戦い左腕を負傷。ナフパクトスに彫像が立っている。そのドンキホーテをテーマにしたグループ展を昨年の春にしているのだが、ほぼ一言もブログには書かなかった。その画廊で今年の春にすることになっていた個展が流れたのは宿命と言うか当然の帰結と言おうか。だがグループ展の作品のためにとドンキホーテを飛ばし読みしたことは「収穫」だった(サンチョ・パンサがしばしばさめた良いことを言う)。だからナフパクトスに海水は外せず、評論家なら「坂田英三の一種の儀式的行為」なんて言ってくれそうな「ボトル片手の海水浴」をして戻って来たのでした(笑)


トゥオンブリの「アキレスの盾」
アテネ対スパルタのピュロスの戦いの盾


フパクトスのセルバンテス像
私が去年展示したドンキホーテ


*参考投稿
サイ・トゥオンブリーの謎


2017年5月16日火曜日

ギリシャ無計画旅行のノウハウ

旅行経験のブログはいくらでもあるので、ギリシャを定まった計画も立てずふらりふらりと旅したい人に役立つ「一般的ノウハウ」のみをまとめるつもりだったのだが、それに反して何回も書かずもがなの旅ブログを書いてしまった。反省。アテネはこの写真だけにして

アテネの遺跡は立派でした。柱も何本も立っていて(笑)。しかし完璧な炎天下ですから真夏だとどうなるのでしょうね??? 
古代遺跡、メテオラといったギリシャの世界遺産は体力勝負と覚悟しておいたほうがいい

今日は本来の目標だった「ノウハウもの」です

先ずはホテル:

ハイシーズンでなければ平日は飛び込みでまったく問題ない。「勘」に頼りすぎて失敗をした経験(例えばコルフ旧市街は意外になく無駄に歩き回った)から言うと、一番良いのは前日にでも文明の利器であるBooking.comなどを覗き、予約はしないけれど、行く街の収容能力および混み具合、そして自分が泊まりたいホテルがどの辺にあるかをチェックしてから行く。
ギリシャは値段交渉せねばいけないと言われていたが、いつもウェブで見た値段より初めからずっと安い価格が提示され「交渉」の必要もなかった(かつ私は少しでもギリシャ経済の為になれればと思っているので、、、)。

次はバス :

ギリシャのバスは比較的便が良い。それに安い。私の記事の殆どはローカル線だったから時間がかかる印象を与えたかもしれないが、ギリシャの地理は山あり湾ありだから当たり前。十ユーロそこそこで移動できるばかりか2時間も景色を楽しめる☺。かつバスの中で大抵フリーWi-Fiも使える!

と書くと良いことばかりだが不便なことに都市の場合はしばしばバスセンターが郊外にある。郊外まで連れて行かれても不便なので(乗換のためでない場合は)下車に関しては現地の客がどこで降りるか注意した方が良い。乗車はターミナルの方がわかりやすいが、インフォメーション事務所が街の中にあることもある。さてこれをどうやって探すか。
ギリシャのバス会社は地方によって違うもののKTELという名の下に統合されている。KTELのサイトを見てもあまり参考にならないので、KTELと都市名を入れてグーグルし*、事務所を探しあてる。ローカル線は平日と週末(特に日曜は注意)で本数が全然違うし、週に数本の便もあるので、オフィスで正確な情報を得るのが良い。
ギリシャ語ではバスと言わないが、KTELと言えば誰でもわかる(ギリシャ語表記では最後のLはラムダでKTEΛ)

バス事務所は外から見てそれらしくないことが多い。ローカルバスは小包なども運搬するから、荷物置き場みたいな様相。そんなだから待ち時間など荷物を預かってくれる(というか一言ことわって窓口から見えるあたりに大きなバッグは置いていけばよい)。アテネのような大都市は知らないが、盗難等は南ヨーロッパレベルかと警戒していたのだが、比較にならないほどずーっと安全だった。

主要都市からは高速経由のアテネ行きがある。これはローカル線と違って混むので前もって予約すること。

*(例えばKTELとCorfuでグーグルすると5/7〜9日で紹介済みのコルフのバスサイトに行至る)


以上宿泊と移動さえ押さえれば何とかなりますよね〜。

あとは食事でしょうが、サラダとか魚のフライトか食べきれないような量が出て来て困ることが多いので二人なら二皿別な物を頼んでわける方が良い。一人の場合はハーフサイズを交渉するとOKされる場合もある。昼に現地の人で混んでいて、周りのテーブルを見て何を食べるかが研究できるところがベストでしょう。(ギリシャは観光立国だからほぼ絶対に数カ国語のメニューがありました)

ではボン・ボヤージュ !


「ギリシャ旅行」連続投稿一覧


2017年5月13日土曜日

くつろげる大海戦の街

 既に書いたように当初のプランではコルフ(ケルキラ)島からその南のイオニア諸島を巡りペロポネス半島へと海岸を巡り、海水ドローイング用に色々な海水を採るいうのも旅行目的の一つだったのだが、ギリシャ本土内陸に入ってしまったのでバッグにあるのはこの旅行連載投稿の第一話と第二話の二瓶の小ボトルのみ。これでは寂しいのでデルフィからコリント海峡を西に向かい、世界史の関ヶ原?、時は1571年10月7日、スペインを中心とするキリスト教軍がオスマントルコの海軍に決戦を挑んだ「レパントの海戦」(ウィキが沖で繰り広げられた砦の港街ナフパクトス Nafpaktos へ。

海戦はこのあたり??? 右奥にペルポネス半島に渡る大きな白い橋が見える

別段観光地ということもないだろうとタカをくくっていたら港の周りの人の出が半端でない。ホテルも満員で、窓もない従業員用の部屋で泊めてもらうという目にあい、どうなっているのかと思ったら翌日がメーデーで連休だった。でもそれを差し引いても賑わっている。若い人がカフェにあふれ、「古戦場」というより広い浜辺が港の両側にあるので家族連れの近辺からの旅行客が一杯。驚いた。

賑わう港、山の上に城塞が
 観光地は港と山上のお城だろうけど休み。それでも色々なところで食べて飲んで泳いで2泊(2泊目は普通の部屋です☺)しても退屈しなかったのは5/9に推薦したイオアニナと同じく「ローカルな活気」の魅力。勿論老人たちが集まっている場末のカフェも(彼らは親切だから)。くつろげます。

港前の特等地の広場のレストランなんて観光客向けで絶対美味しくないだろうと思ったのだがこのオクラ(ギリシャ語でもオクラ)があり、あっさりして口にあったので2度も行った(広場にテーブルが沢山並んでいるが、数件が縄張りを張ってあっていて座り間違えると店が異なる。もらったカードはギリシャ語で το δτeκi ? オクラを目安に行って下さい)

メーデーの夜でも港には人が一杯。こんな夜景の見える特等地で上の写真のオクラと出会う

私のバスはデルフィからイテア乗換。その後は直行だがリヤス式の湾に沿って景色は良いが、なかなか距離は進まず2時間半ぐらいかかったかな?
このように書くとギリシャのバスは遅いように思われるかもしれないが、このナフパクトスからも高速のアテネ行き直行バスに乗ると同じ時間でアテネに着いてしまう。こうして私はアテネに向かったが、2泊しかしなかったのでアテネのことは書きません。


前後の関連投稿

2017年5月11日木曜日

お告げのデルフィ

私はヨーロッパに来て三十有余年になるのに一度もギリシャに行かなかったのは、遺跡で感動のあまり足を踏み外し、転んで大理石に頭をぶつけて死ぬという、ありありとしたお告げのような夢を大昔(日本にいた頃)にみたのが実は大きな理由の一つだった。場所はアテネのパンテオンかデルフィあたりかと推測していたのだが、もうそろそろ死んでも悔いはないので気を楽にして(?)デルフィへ。

だが遺跡に着いたときはびびった。夢の話で始めた割に、私は霊よりもずっと理性に捉われた人間なのだが、心臓ドキドキ、身体ピリピリ、バイブレーションが伝わってくる。ギリシャの神々(=人々)が聖域としたのが当然。人がわざわざ「名所旧跡」に足を運ぶのは、「見る」以上に場所を「感じる」為ではないか。殆ど見もせずセルフィで喜んでいるツーリストが大多数の今日だが、のんびり土地に親しみ「観」から「感」への旅を試みる人もまだいるはず。そうした人の役に少しでもたてばと連日「旅行情報」を書いているのです。

残るは数本の柱のみ。一番下の再現モデルとお比べあれ
「こんなところで転んで、、、」と思っていたのだが、現在は立ち入り禁止

 私はメテオラの麓のカランバカからデルフィにバスで向かったが、何と3回も乗換。最初のトリカラ(Trikala)は待ち時間15分、次のラミア(Lamia)では30分待ち(運行会社が変わるのかここで切符を買い替える)、ここまではメテオラの切符窓口で言われていたとおりだった。2時過ぎにデルフィまであと10km少々というアンフィサ(Amphissa)に到着したところ、そこでの乗換は想定外の1時間半待ち!(土曜だったからか?)。バスターミナルは郊外で周りに何もなさそう。途方に暮れたが、バスオフィスで荷物を預かってもらい同じバスで難破してしまった二人組と大通りまで出たら(100mぐらい?)地獄に仏(笑)、カフェバーがあり小魚のフライなどを食べていたらあっというまに時間は経った。カランバカを9時に発ってデルフィに着いたのは午後4時20分。1日がかりだったがバスからの景色は山越え谷越え、花に囲まれた道もあり、ずーっときれいだった。

私はそれからホテルを選び、人影少ない夕暮れの時のデルフィの遺跡(夏時間でまだまだ明るいけど)に向かったのでした(20時まで)。

人、柱を見に来るのみにあらず
思わず走りたくなってしまうような競技場。でもこれも立ち入り禁止、残念
 そのデルフィでは私の目の前で子供が転んで、ほんの数センチで石の角に頭をぶつけそうになった。私としては珍しくお母さんを叱ったら子供がびっくりして泣き止んだ。私の正夢(?)ではないが、どこの遺跡も石畳は滑りやすいので気をつけましょう。

本当にこのようにぎっしりと石の建物が立ち並んでいたら威圧的と言おうか、ちょとうんざりしそうだけど
 
世界文化遺産ですので歴史等は次のサイトなどをご参考に
デルフィの考古遺跡


  これはデルフィから昔の「デルフィ詣」の港だったイテアを望んだところ。バスでも40分はかかるからここまで登るのは大変だったでしょう。長居する人にはハイキングコースがあるそうです。ここは所詮観光の街なので私は翌日の午後さっさと引き上げましたが、、、。


前後の関連投稿